Q&A

主に高断熱住宅に関するQ&Aをまとめています。わかりやすくするために簡単な表現だったり省略している場合がありますので詳細についてはお問合せくださいませ。


高断熱高気密住宅について

仕様・設備について

当社の家づくりについて


高断熱高気密住宅について

Q:家を気密化すると息がつまりませんか?

A:そのようなことはございません。暖冷房時、換気設備を使うという前提で家の隅々まできれいな空気質を保とうとすると、逆に気密化が必要になります。中途半端な気密性では空気が滞ったりする恐れがあるからです。なにより気密化することで暖冷房の効率がよくなり快適な空間をより少ないエネルギーで作りやすくなります。季節が良い時に窓を開けている状態では他の住宅となんら変わりません。

 

Q:断熱性ってそこまで必要?

A:結露の恐れを少なくし、快適な空間を作ろうとするとある程度家全体の温度を均一にしなければなりません。そのような空間を作ろうとする時、例えば次世代省エネルギー基準を満たした程度の住宅では、逆に今までより多くのエネルギーが必要になる可能性があります。より快適な空間と今後のエネルギー問題を考え、より高い断熱性をお勧めさせて頂いてます。

 

Q:Q1住宅ってなんですか?

A:日本最大の高断熱住宅の研究、普及を目的とした団体、新住協で定義した言葉になりますが、次世代省エネルギー基準を満たした住宅と比較して暖房エネルギーで1/3~1/4で済む住宅を指しています。北海道などで概ねQ値が1.0近くなることからこう呼んでいます。

 

Q:高断熱住宅って乾燥するって聞きました。

A:こちらにもあるように、少なくとも新潟の冬場の外気の温度をそのまま上げようとすると乾燥します。いままでは水蒸気がでる暖房器具を使ったり、部屋間で温度差があったので気づきにくかったのです。これは建物の性能の話ではなくて暖房方法の違いによるものです。建物内の温度差を少なくするという環境の中では、中途半端な気密性だと漏気により多くの室内空気を外気と交換してしまい(乾燥する)、また、断熱性も中途半端だと室温をより上げなければいけなかったり(乾燥する)するので、そういった意味では乾燥しづらいともいえます。

 

Q:高断熱住宅は夏場に暑い?

A:高断熱住宅は、室内の熱が外に逃げにくいといった特徴があります。冬場はそれでいいのですが、夏場は室内に熱が発生しないようにする工夫が必要になってきます。一番の熱は日射熱になりますのでその熱を室内に入れないようにする設計上の工夫、暮らし方の工夫を行えば、少ない冷房エネルギーで家全体を快適な温湿度に保つことが可能になってきます。また、夜間の冷気を利用、保持する住まい方をすることもできます。

 

Q:高断熱住宅って結露はしないんですか?

A:いままで結露に悩まされていた家と比べると、きちんと造られた高断熱住宅ならば劇的に変わってきます。ただし、住まい方(換気扇稼働状況や加湿器、温湿度管理)や外気温、サッシ性能によっては窓ガラス下端などに結露が起こる場合があります。その場合でも住まい方によって改善することもできますので都度アドバイスさせて頂いております。

 

Q:どの住宅会社も高断熱と言っていますが?

A:現在の日本の省エネ基準は平成11年の基準がベースになっており、世界的に見てもけっして高いとは言えません。そのため、ほぼ全ての住宅会社は高断熱をうたっていますが、断熱性能は低いレベルから高いレベルまで様々です。高断熱という言葉だけでなく、施工している住宅の断熱レベルがどの程度なのかを数値などで調べ、確認する必要があります。

 

仕様・設備について

Q:太陽光発電はのせられるの?

A:特に新潟では積雪に対する配慮や、乗せることを前提にした構造設計が必要になりますが、可能です。ただ、あくまで設備のひとつになります。せっかく発電してもたくさんのエネルギーがかかる住宅では本末転倒になり、また、建物の断熱性能などはあとから向上させることは費用的にも難しくなるので、まずはしっかりとした建物性能を確保することをお勧めします。ZEH(ネットゼロエネルギー住宅)も同様です。

 

Q:換気設備はどのようなものを使用していますか?

A:主にダクトを使った第3種換気設備、熱交換換気設備を使用することが多いです。それぞれのメリット、デメリットをお知らせし、ご相談して提案させて頂いています。いずれにしても最終的にきちんと換気ができているか換気風量を測定してからお引渡しさせて頂いています。

こちらのブログ記事も参考にしてください。

 

Q:床下エアコンのメリットとデメリットを教えてください。

A:床下空間を暖めることにより次のメリットがあります。

・床面全体を暖めることができる。足裏が気持ちいい。

・エアコンの気流を感じにくい。

・離れた場所(水回り等)も暖められる。

・普及している家庭用壁掛エアコンを使うため、交換、メンテが比較的簡単。費用もかかりにくい。

 

逆にデメリットとして

・エアコン一台で暖房するため、建物に高い断熱性能が必要。

・場所によっては温度差(2階等)ができる。

・通常の取付け方をした壁掛けエアコンよりも光熱費がかかる。

・従来とは違う取り付け方のため、設定温度、メンテなど慣れが必要。

・床下空間の掃除が必要になる。

等があります。こちらのページもあわせてご覧ください。

 

Q:床下エアコンにしたいのですが、床下の掃除が心配です。

A:基礎断熱で作られた床下はコンクリートの床で乾燥した空間なので掃除機等で清掃できます。広い空間ではありませんが、少なくともDIYできるような人でしたらご自身で行うことは十分可能です。またOB限定になりますが、床下清掃メニューも近く開始する予定ですので、メンテナンスに自信のない方でも床下エアコンを導入しやすくなっています。詳細はお問い合わせ下さいませ。

 

Q:他社で建てた家が寒いのですが、床下エアコンを付けて改善できますか?

A:床下エアコンを使った暖房方法は、単にエアコンの取付位置を変えているだけではなく、家全体の性能(高い断熱性と気密性が必要)や仕様、その他いろいろな要因を考慮して設計しています。

 

もし現在、エアコン等が部屋についていても寒いようであれば、単純に床下エアコンを付けただけではもっと寒くなります。また、快適にならないばかりか、どこか不具合を起こす可能性もあるため、既存住宅への取付は行っておりません。

 

ただし、既存の家を全面的に断熱改修を行い、高い断熱気密性が期待できるようであれば暖房計画の選択肢のひとつに入ると思います。

 

当社の家づくりについて

Q:忙しいためメールで打ち合わせは可能?

A:可能です。実際にメールを活用して打ち合わせしているケースも多くあります。ただし、家造りは完成品を購入するのとは異なりこれから一緒に造る物になりますので、価値観の共有、信頼関係という点で、ある程度は対面で打ち合わせすることも重要だと思います。

 

Q:価格はどうなっていますか?

A:注文住宅のため一概には言えませんが、施工実績によると大きさ30~50坪で価格が概ね1,650万~2,900万(消費税、地盤改良、外構別途)です。注意点としては大きさが小さければ必ずしも安いというわけでなく、断熱レベル、設備、建物形状、敷地条件などにも大きく左右されます。

 

Q:御社のような小さな工務店で建てるメリットは何ですか?

A:一番の利点は代表である私が最初の打合せから、設計、工事、メンテナンスまで、途中で担当が変わることなく責任をもって対応していく事だと思います。その為、施主の家づくりへの考え、思い、お打合せした内容等、ぶれる事なく最後まで共有することができます。

 

Q:小さな工務店で建てるデメリットは何ですか?

A:設計や仕様などを一から検討できる余地があるため、ハウスメーカーなどと比べるとお打合せから完成まで時間がかかってしまいます。今すぐ建てたい、住みたい、仕様など考えるのが面倒だ、というお客様にとって小さな工務店は不向きかもしれません。その代り、自分たちのこだわりを検討、実現したい場合は十分に時間をかけて進めることができます。

 

Q:アフターメンテナンスはどうなっていますか?

A:地域(新潟市)に根差した会社になりますので迅速に対応させて頂いてます。メンテナンス担当者も変わることはありませんのでご安心ください。また高断熱住宅の暮らし方や、日々のお手入れ方法も随時ご相談、アドバイスさせて頂いております。

こちらのブログ記事も参考にしてください。

 

Q:施工可能な地域は?

A:当社は直接施工を行っている工務店であり、また、建築後のアフターメンテナンスも考慮して、おおむね当社から30分から1時間圏内(新潟市及びその近郊)とさせて頂いています。該当地域か知りたい時はお問合せ下さいませ。

 

Q:カタログがほしいのですが。

A:申し訳ございませんが、カタログは作成しておりません。お伝えしたいことは当HPに掲載しておりますのでお手数ですがご高覧くださいませ。また、必要であればご来社もしくはお伺いしてご納得いくまで説明致します。説明した後でも、ご希望がなければ営業は致しませんのでご安心ください。

 

Q:自分でできることをやって費用をうかしたい。

A:ご自分で行い完結する限り、もちろんその分の費用はかかりません。実際に行っている方もいらっしゃいます。おすすめは工具などを使わなくていい塗装関係でしょうか。ムラになっても思い出深いものです。

 

Q:どうやって進めていくの?

A:流れとしては、当社説明・相談→基本計画・概算見積→基本設計申込→見積→請負契約→着工という流れが基本になります。まずはどんな考えで、どんな建物を造っているのか、一度ご説明させて下さい。

 

Q:工事中の自分の家を見ることはできますか?

A:見学はフリーです。


一般的にはいざ工事が始まると、知らない職人さんたちばかりがいるので、見学するのに自分の家であっても敷居が高く感じる事が多い、と聞きます。

 

当社では、工事が始まっても私自身が作業も行い現場にいることも多いため気兼ねなく見学できます。見学に来られた日が立会日、という感覚です。その為、、細かい造作や下地の補強場所、コンセントの位置など現場を見ながらその都度打合せもすることができますし、私も助かります。

 

私が現場にいる事が家造りの中で一番安心でき、施工中であっても打ち合わせが密にできてよかった、と言ってくださる施主も多いです。

 

Q:気に入った設計事務所で設計だけしてもらい、施工はお願いできますか?

A:可能です。依頼したい設計事務所さんが高断熱住宅を重視していない、あまり経験がない、拘っていない事務所だとしても、断熱方法、納まり、施工の仕方など相談・協議させてもらい、より高い断熱性能の住宅を造ることも可能です。