仕様・設備について

 なるべく自然素材等を提案・活用し、塗料なども安全性の高いものを使用していきます。仕様・設備は定めていませんが、以下は採用率の高い一例です。


屋根・外壁

ガルバリウム鋼板の屋根と外壁の写真
縦張のガルバリウム鋼板外壁

 屋根・外壁ともガルバリウム鋼板の採用率が高いです。耐候性に優れ、重量も軽く、耐震上も有利な素材です。


ヒノキ無垢材のフローリング写真
ヒノキ無垢材のフローリング

 ヒノキの無垢材を使ったフローリング。無塗装で使用するとさらっとした足心地。窓枠、幅木等は杉の無垢材を使用するケースが多いです。


造作家具

リビング造作家具の写真
必要なものに合わせた造作家具

 キッチン収納、靴箱などはスペースに合わせて造作するとピッタリと納まります。収納物に合わせて造ることもできるので必要な場所に必要な物をしまうことができます。


床下エアコン暖房

床下エアコンを組み込んだカウンター写真
床下エアコンを組み込んだカウンター

 床下にエアコンを設置し、エアコンの気流感を抑えつつ、床面の温度を上げる暖房方法。床面の輻射熱で快適度を上げ、廊下やトイレまでエアコン1台で暖かくすることが可能な、高断熱高気密住宅と相性が良い暖房方法です。

こちらのQ&Aにも床下エアコンに関する項目がありますのでご覧下さいませ。


付加断熱

付加断熱(外断熱)施工画像
付加断熱施工中

 建物内部に加え、外側にも断熱材をプラスする付加断熱。建物の中でも一番面積がある外壁を強化することで飛躍的に断熱性能が高まります。また断熱材で軸組木材を外側からすっぽり覆うことで熱橋がほとんどなくなるメリットもあります。


樹脂トリプルガラスサッシ

トリプルガラス写真
トリプルガラス断面

 樹脂の枠に高い断熱性能があるトリプルガラス(三層ガラス)を組み込んだサッシ。結露を抑え、暖冷房費を削減し、冬はガラス表面温度を上げて体感温度、快適度を向上させます。